記録破れば高峠2017/02/01 10:54

 今日は、 「記録破れば高峠」 という格言を紹介します。


この格言は少し分かり難い格言です。何となく、こういうことを言っているのかなぁという気がしているでしょう。たぶん予想とは違っていると思います。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 記録破れば高峠とは

相場の上昇過程で、出来高や値段が、これまでの記録を破る最高値になるような場合には、天井を形成している可能性があります。なので、これから下落する可能性があるということです。


しかし、持ちあいが長く、なかなか高値を更新できなかった場合などは、高値を更新したことで、そこからさらに勢い良く上昇することもあります。相場というのは、一筋縄ではいかないということです。


もちろん、それは上昇する場合に限らず下落する場合、つまり安値を更新する場合にも同じことが言えるのです。


史上最高値を更新するような上昇の場合には、一度更新すると何度も更新し続けることもあれば、一度だけ前の高値を少しだけ更新した後、下げていくということもあります。


高値を更新した後だけに、過去のチャートの動きから予測することが難しいので、高値を更新した後は、特に注意して取引しなければなりません。




 テクニカル分析を利用する

 最近は、コンピューターの普及と高速化によって、テクニカルチャートが充実し、これからの値動きの予測がしやすくなっているので、高値を更新した後の動きがまったく予測できないということはありません。


なので、テクニカル分析など、利用できるものは利用しながら、取引をした方が良いですね。ただ、テクニカル分析も完全ではありませんから、やはり、両方の可能性を考えて対応しなければなりません。


「このように動いているから、これからこう動くはずだ!」と、決めつけて取引しないことです。自分の取引ルールがあるのなら、取引ルール通りに対応することが重要です。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック