テクニカル分析の壁とは2017/02/07 10:40

 初心者の方は、テクニカル分析を使って取引する時に、理由が分からないのにリスクを取って買ったり売ったりするのが怖いと思われる方がけっこう多いようです。


 何で上がっているのか?その裏にある理由が分からないのに、わけのわからない線を下から上に抜けたから買う?


 何で、そんな事ができるの?そこから上がる保証がどこにあるの?上がらなかったどうするの? という感じです。


これが、ファンダメンタルを一切考えないでテクニカル分析を使って、取引しようとしたときに最初にぶつかる壁です。


 それでは、この壁に対してどのように対応すればいいのでしょうか?




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




   どのように対応すればいいのか

 上がらなかったらどうするの?その時は、損切りするだけです。


「そんな簡単に損切りして、納得できるの?」「お金が減るんでしょ?」 と言われそうですが、そういう取引を何度も続けていれば、損よりも利益の方が多くなる事がわかっているからできることなのです。


もちろん、必ず利益がでると保証されているわけではありません。自分でそう理解しているからできるだけの話です。


相場の世界に、保証なんかありません。保証がない中でリスクを取ることができる人が利益を上げていける、そういう世界です。


投資というのは、才能がない普通の人でも、やり方さえきっちりと学べば誰でも利益が上げられると私は思っています。


しかし、“リスクを取れない”という人には、「あなたは投資を止めた方がいいですよ。」とはっきり言います。


なぜなら、投資で利益をあげるために必要な事はリスクを取ることだからです。その条件をクリアできない人は、投資をする資格がありません。




 取引手法があれば・・・

 なぜ株価が上がるのか?その理由が分からなくても、株を買うことはできます。今、株価が上がっている理由が分からなくても、自分の取引ルールに従って行動すれば、利益を上げられます。自分の取引手法、取引ルールを続けていれば利益になるのです。


全てを納得してから取引しようというのでは、残念ながら手遅れになってしまいます。自分なりの判断材料を持って、コントロールできる範囲のリスクを取って取引できるようにしてくださいね。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




静中動あり、動中静あり2017/02/08 10:44

 今日は中国の古典「菜根譚」から引用された格言を紹介します。

 それは、「静中動あり、動中静あり」 です。

この格言は有名ですから一度は聞いたことがあると思います。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 「菜根譚」の一部分

 「菜根譚」に、次のような文章があります。

『閑中に放過せざれば、忙処に受用あり。静中に落空せざれば、動処に受用あり。暗中に欺隠せざれば、明処に受用あり。』


どういうことを言っているのかというと、暇な時に時間をムダにしないようにしていると、多忙になった時にそれが役に立つ。逆に、静かに休んでいる時でも心をゆるめないようにしていれば、活動する時にそれが役に立つ。


人目につかないところでも良心に反かないように行動していれば、人前に出た時に役に立つということです。


相場の格言として言われているのは、このうち、「静中動あり、動中静あり」の部分ですが、最近では、「静中動あり」しか取り上げていないものが多いようです。




 「静中動あり、動中静あり」とは

 もみ合い相場が続いているような動かない静かな相場では、その相場が死んでしまって静かになっているのか、ただ眠っているだけなのか、それとも嵐の前の静けさなのかを見通さなければなりません。


もちあい相場というのは、いつかは動き始めます。相場が動き始めた時に、どういう静なのかが把握できていれば、動くにしても、その後の対応が違います。


動き始めるタイミングを見逃さないことも大事なのですが、動き始めてからの対応が大事だと言うことです。


死んだ静ならば、慌てて動く必要もありませんが、嵐の前の静けさならば、即座に対応しなければなりません。せっかく訪れた稼げるチャンスを逃してしまうことになるからです。


逆に、相場が大きく動いているときは、心を穏やかにして、周りの状況を把握しておかないと、いつ豹変するか分かりません。まさに「天井三日、底百日」ですから、冷静に相場の動きを見ていないと対応できないのです。



 「静中動あり、動中静あり」という格言は、動いてないときはいつでも動けるように警戒し、動いているときは冷静さを保つことが大切だと教えています。できれば、他人に後ろ指を指されないように、良心に反かないように行動したいものですね。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




投資家としての資質の違いとは2017/02/09 11:39

 いろんな投資家と付き合っていると、投資家としての資質の違いというのを感じます。投資家としての資質の違いというのは、勝負所が分かっていてリスクを取るべき時にリスクを取っていく人と勝負時に行動できない投資家との違いのことです。


日々の値動きの中で、トレンドの転換、トレンドの継続(上昇、あるいは下落)、低迷期(持ち合い)など、相場の状況に違いがあるので、いつも同じように相場を見ていてはダメなんです。


自分の取引ポイントには集中し、そうでない時にはノンビリするというようにメリハリが必要なのです。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 資質の違いとは

 勝負どころを敏感に察知して行動できる投資家がいる一方、まったく反応がない投資家がいます。リスクを怖がって相場の攻め時に、まったく反応しない人を見ていると、もどかしく思ってしまいます。


今、行かないでいったいいつ行くの?長い低迷期間から抜けて、やっとめぐってきたチャンス相場なのに・・・といった感じです。


相場がどうかではなく、自分自身の行動を振り返って、“今、自分は利益を上げるための行動を取っているのか?”という視点で考えてみて下さい。


『今は、まだタイミングじゃないから・・』という方は、次の行動の準備をしていますか?『今は耐え忍ぶ時だから・・・』という方は、何を耐え忍んでいるのでしょうか? それらが明確になっていれば問題はありません。




 チャンスをつかむには

 投資では、タイミングじゃない時もあるし、耐え忍ぶ時間もあります。でも、何を耐え忍んでいるのか?どのタイミングを待っているのか?これらを明確にせず、ただ何となく、『今じゃない』と思っている人は、チャンスをつかむ事はできません。


なぜなら、それはタイミングじゃないとか、耐え凌ぐとかではなくて、ただ恐れているだけだからです。


投資家として投資をしていくなら、リスクを恐れていてはいけません。リスクをコントロールして行けるようでなければ、いけないんです。それが分かっている人は“怖い”という感情を持っていても、攻める時は攻めます。


それが取引だし、攻めなければ利益を上げる事ができないからです。そこに投資家としてのメンタルの強さが必要なのです。


怖いから今は止めておこう。行けると思うから買って行こう。というような感情に動かされる投資からできるだけ早く抜け出してください。それを続けている限り、劇的に結果を変える事はできません。


怖くても相場の理論で言えばチャンスだから行動する。行けると思うけど、サインが出ていないからぐっと我慢してチャンスを待つ。というように、感情よりも相場の原理、感情よりも取引戦略、感情よりもリスクコントロールを優先して取引できるようになって下さいね。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




下値の三本同事は買い2017/02/10 11:36

 投資をしている方なら、ほとんどの方が罫線を知っていると思います。罫線を使って取引している方も少なくないはずです。


 罫線に関する格言を紹介します。

 それは、「下値の三本同事は買い」 です。

とても役に立つ格言だと思います。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 格言の意味するところは、

 この格言は「下値の三点同時は買い」とも言われています。日足で終値が3日間同じ値段が続いて終わるような状況になったら、迷わず買いなさいと教えています。週末の終値でも3週同じ値段が続いて終わるような場合にもあてはまります。


この格言は、個別の株価でも、日経平均などの指数でも、先物でも為替でも同じように使えるので、覚えておいてくださいね。


なぜ、こういう状況になった時に買うべきなのかというと、相場が下げてきて3回も同じ終値となるような状況になったということは、底値が固まったと判断できるからです。


チャートで底入れの確率が高いものに「二番底」というのがあります。この「二番底」と同じくらいの確率だそうです。




 3本揃うのは珍しい

 「終値」というのは、日足ならその日の最後の値段。週足なら週末の最後に取引された値段です。その日の最後の取引、その週の最後の取引は、明日につながる大切な値段なのです。


大切な意味合いを持つ終値が3日間(あるいは3週間)同じ値段が続くというのは、下値に対する抵抗力がついたと判断できるのです。


日足のローソク足チャートをざっと眺めてみてください。2本までは揃うことがありますが、3本揃うというのはなかなかないですね。3本揃うというのは確率的に少ない事なのだと思います。


逆に言うと、3本揃うようなう状況になったら、上昇を始める確率が極めて高いと考えられるのです。


テクニカルチャートだけでなくローソク足も見てくださいね。こういう格言は知っていて損することはないので、しっかり覚えておいてくださいね。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




日本人だけが知らない世界から絶賛される日本人2017/02/11 16:02

 最近読んだ本を紹介します。

 それは、
「日本人だけが知らない世界から絶賛される日本人」黄文雄著 徳間書店刊 です。

 




 内容を簡単に説明します。

 まず我々が知らない偉人がたくさんいることに驚かされます。

 技術、文化、冒険、そして他国のために貢献した人など、5章から構成されているのですが、たくさんの日本人の名前が出てきます。


中には、知っている名前もありますが、こういう評価をされているんだと日本での評価とまるで違っている偉人がたくさんいます。


ここで詳しく紹介してもしようがないので、私が気になったことを書いてみます。




 塙保己一

 最初は、かのヘレン・ケラー女史が師と仰ぎ、人生の目標としていた人がいたこと、そしてそれが日本人だったということを知っていた方は、ほとんどいないと思います。


その方は、盲目の大学者として教科書にも取り上げられていた塙保己一(はなわほきいち)氏です。


名前は知っていましたが、どのような人物なのかはしりませんでした。本当に意外な事実を知りました。驚きです。




 太平洋戦争時

 次は、真珠湾攻撃から始まった太平洋戦争ですが、日本が敗戦したことで一方的に日本が悪者になっています。


しかし、ビルマやインドネシアの独立に日本がおおいに貢献していること、そして、これらの国のために死んで行った日本人がたくさんいること、これらの国から勲章までもらった軍人がいることを知りました。


太平洋戦争は、欧州列強からアジア諸国が独立するために必要な戦争であったのかもしれません。これは、この本を読んで感じたことです。




 鈴木大拙

 最後は、禅を世界に広めたのは日本人だったことです。英語で禅のことを「ZEN」というのは知っていました。中国の少林寺で達磨大使が始めたのが禅です。


当然、中国が世界に広めたものだと思っていたのですが、以外にも鈴木大拙という日本人だったのです。


精神分析学で有名なフロイトも鈴木大拙に影響を受けているそうですから、鈴木禅学というのは、凄いですね。



 読めば、とてもおもしろい日本人がいることが分かります。そして、日本人の活動範囲が広いこと、分野も多岐にわたっていること、発想のおもしろさなどにも感心します。

 2011年に起きた東日本大震災で大ダメージを受けた日本ですが、その折に見せた日本人の相互扶助の心、道徳心の高さを世界に示す結果となりました。


この本を読めば、日本人の根底に脈々と流れている 日本人としてのアイデンティティーを呼び起こしてくれます。


ぜひ読んでみてください。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村