お金を儲ける方法とは2016/05/19 11:29


 お金を儲ける方法は?と聞かれて、誰もが思いつくのは、①サラリーマンやパート、アルバイトなどの労働によって賃金を得る、②親から引き継いだ家業や独立起業で儲ける、③貯蓄したお金を使って株やFX、不動産などに投資して儲ける、④パチンコや競輪、競馬などのギャンブルで儲けるなどを思いつくはずです。



 お金儲けをする方法として、どれが最も効率よくお金儲けができるのでしょうか?




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 投資とは

 お金儲けの方法を比較してみると、④よりは③、③よりも②、そして①が最も安全にお金を儲けることができることが分かります。しかし、①が最も時間と労力が必要となりますが、損をする心配はありません。


②から④は、結果によっては、大きく儲けることができますが損する可能性も大きいのです。損する可能性が高いのは、④、③、②の順番です。



 投資とは、どういうものなのでしょうか?投資は資金があれば、誰でも簡単に始めることができます。しかも、労力はほとんど必要ありません。利益率を保証するプロに任せるという方法もあります。資金さえあれば、いろいろな選択ができます。


ところが投資はマネー・ゲームですから、必ず「ゼロ・サム」になります。つまり、投資で儲けている人がいれば、必ず損している人がいるということです。儲けた人の儲けた金額の総額と損した人の損した金額の総額は、必ずゼロになります。


しかし、儲けた時には、投資額の何倍ものお金を儲けることができます。もちろん、何倍もの損をする可能性もあるのです。




 投資の本質はギャンブル

 投資は基本的にギャンブルと同じだと私は考えています。ギャンブルは、国家が公認しているものと公認していないものとがあり、公認されていないギャンブルをすると、それは犯罪です。最悪の場合には、禁固刑になってしまいます。


しかし、投資は国が認めているので、なんの後ろめたさもなく行うことができます。しかも、知的ゲームとしてもてはやされることもあるのです。


ギャンブルをしている人を、日本では博打打ちとして白い目でみられることがありますが、アメリカのウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス、そしてジム・ロジャースのような大投資家は、尊敬されるだけでなく羨望の的にすらなっています。社会的に認められているかどうかの違いで、これほどの差が出るのです。


投資は過去のトレンドや経済の流れなどを研究することによって、株価や商品などの価格のトレンドを予測する知的ゲームです。しかし、それらの動きを正確に予測することができません。なので、最終的には、勘に頼るしかないのです。そういう意味から考えると、投資の本質はギャンブルと同じなのではないでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村