マイルールに必要な3原則とは2016/12/09 11:23

 マイルールを作ろうと思いついた時に、どのような内容にすればいいのか誰でも悩みます。自分がやっている取引のしかたを文章化すればいいだけなので、あまり悩む必要はありません。


あまり大雑把なもので、こんな時にどうすればいいのか迷うようではいけません。また、あまりに細かすぎて、いちいちマイルールを確認しなければ取引できないようでは困ります。



 マイルールを作るうえで、これだけは押さえておきたいことがあります。私はこれをマイルールに必要な3原則と呼んでいます。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 マイルールに必要な3原則とは

1.シンプルであること

 条件などがついていると判断に迷うことがあるので、判断しやすいように、できるだけシンプルなものでなければなりません。


2.ルールの数を少なくすること

 ルールの数がたくさんあって、今回はどのルールを使う?と迷うことがないようにルールの数はできるだけ少なくしましょう。できるだけ、素早く判断できるようにしておく方が、取引する時に便利です。


3.定量的なルールにすること

 定性的なルールはダメです。誰でも判断できるように指標を使って定量的なルールにしましょう。




 マイルールの見直しを継続する

 取引する時に、簡単に判断できるようにすることです。できるだけ分かりやすいものにしましょう。


マイルールの雛型を作るのは簡単です。しかし問題はその後です。マイルールを見直ししていくことです。より使いやすく、より利益が上がるように見直しを筒是毛なければなりません。


そのためには、試行錯誤が必要です。試行錯誤しながら、見直ししてください。試行錯誤しながら悩んでください、そして、決めたルールは、かたくなに守ってください。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




初心者の方がマイルールを作るには2016/12/07 10:34

 投資を長くやっていると、知らぬ間に取引のしかたがある程度決まってきます。どのようにすれば利益が取れやすいのかが分かってくるからです。そのため意図していないのに、取引する時に決め事(ルール)ができ上がってきます。


あまり自覚していない方が多いのかもしれませんが、うすうす感づいている方も少なくないのではないでしょうか。なので、自分だけしか知らないその決め事(ルール)を文章にすれば、マイルール作りは終わりです。


ルールを作るだけなら、それだけで終わりなのですが、肝心なのはそのルールを使って利益を上げていくことと、より利益が上がるようにしなければなりません。そのために何をすればいいのでしょうか?




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 マイルール作りに必要な物とは

 初心者の方がマイルール作りに必要なのは先ほど説明した、取引する上での決め事です。これがなければルールを作ることができません。もしないのであれば、このような取引のしかたをしたいというものでもかまいません。


最初は、とにかくある程度の形ができていれば十分です。そのルールで確実に利益が出せるかどうかは、今の時点ではあまり問題ではありません。


実際に取引していけば、いくらでも問題点は出てきます。それらの問題点をどのように改善し、ルールとしてどのように変えていくのかが重要なのです。




 マイルール作りで最も大事なことは

 それはルールを守るという決意です。たとえルールができたとしても、それはまだは完全なものではありません。完全に機能する完璧なルールなんて作れるはずがないので、そのような物を作ろうなんて考えないでください。


たとえ不完全なルールだと分かっていても、一度決めたルールですから、それをかたくなに守ることができるかどうかが重要なのです。


人間というのは、とてもいい加減で勝手です。どんなに完璧なルールを作っても、その場その場でルールを変えてしまいます。


自分に都合のいいように考えて、ルールを変えて取引をしてしまうものです。その結果、上手く行くこともありますが、たいていは思惑が外れて損失を拡大させてしまうことになるのです。


そういう経験をした方もたくさんいると思います。ですから、どんなに不完全なルールであっても、このルール通りやっていくんだという強い意志がなければダメなのです。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




なぜ、マイルールを作ることができないのか?2016/12/05 11:07

なぜ、マイルールを作らなければならないのでしょうか?

投資している人の半数以上がマイルールを作った方が良いと考えています。しかし、実際に作って、マイルール通りに取引をしているのは、ほんのごくわずかなのです。


なぜ、マイルールを作らないのでしょうか?マイルールを作っていない人は、どのような物を作ってよいのか、作り方が分からないという人がほとんどなのです。


そういう方のために、マイルールを作るための考え方を説明します。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 マイルールを作る目的

 取引していると必ず利益が取れない時が出てきます。もし、こういう場合は利益がとれて、こういう場合は利益が取れないということが分かれば、利益が上げやすくなるのは分かると思います。


それをパターン化すれば、より利益を上げやすくなるのは当り前のことです。それでも100%確実に利益につながるわけではありません。しかし、利益が取れる確率はかなり上がります。


利益が取れる確率を上げる、つまり利益につながるルールを作ることが利益につながるのです。再現性が上がれば上がるほど利益が上がります。




 人間は欲には勝てない

 人間というのは、欲の塊です。もう少し安く買っておけばとか、もう少し待てば高く売れたのに・・・、と欲張ったことばかり考えてしまいます。


しかし、もう少し待っていれば・・・というような行動をしたことで、大きく値下がりして利益が少なくなってしまったり、損したりという経験をした方も少なくないはずです。


人間ですから、いくらルールを作っていても、ルール通りにできない、あるいはしない場合が多々あるのです。これは、心の鍛錬が足りないからです。心の鍛錬をする前に、欲の心を入れないように自分自身をルールでしばる必要があるのです。


それができれば、欲で悩むことが少なくなるはずです。




 マイルールを作る規則はない

 相場というのは、同じように動いているようで実は微妙に違います。ですから、再現性のあるル-ルを作ったとしても、微妙に違うために利益が出ないこともあるのです。


そのような状況の中でも、ある程度共通したものがあるのです。自分がやった取引をルール化すれば、次に、エントリーしたり仕切ったりする時に、それほど迷ったり悩んだりすることなく、取引ができることになるのです。


キッチリとしたものが出来上がれば、それは利益を上げるための手引きであり宝になります。マイルールですから、他人に分からなくても自分だけが理解できるルールでいいのです。


他人に理解してもらう必要もありません。ですから、マイルールを作るための規則はありません。なので、自分が再現性があると思ってやっていることを文章にすることから始めればいいだけのことなのです。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




投資家の2つのタイプ、あなたはどちらのタイプ?2016/11/29 11:12

 投資家は一般的に2つのタイプに分かれると言われます。それは勝率を高めて利益を上げて行くタイプと値幅を大きくして利益を上げるタイプです。


投資経験が浅い方にはまだ判別できないかもしれませんが、投資経験が長い方なら、自分がどちらのタイプなのか分かると思います。



 さて、あなたはどちらのタイプでしょう?




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 勝率重視の投資法

 投資経験が浅いのなら値幅を大きくして利益を上げて行く投資戦略を取る方がいいでしょう。投資経験があり時間に余裕があるのであれば、勝率を高める投資法をしてもいいと思います。ただ、高齢の方には、この方法はお勧めできません。


なぜかとうと、この投資法は、判断力、集中力が必要だからです。勝率重視の投資は、一瞬の判断ミスが大きな損失に繋がってしまうからです。


最近、雑誌等で紹介されているトレーダーの中に“勝率重視型の短期トレード”をしている方がけっこういます。そのため、あこがれから短期取引に取り組む初心者が増えています。


勝率重視の取引は、“集中力、そして素早く的確な判断をする”ことが勝敗に大きく影響する難しい投資法ですから、初心者が始めるには、かなり厳しい世界だと思います。




 値幅重視の投資法

 それに対して、値幅重視の取引は取引回数が少なく取引に必要な時間も短くてすみます。日足ベースなら1日1回の相場チェックでOKです。日足は1日に1本しか足が出ないので、じっくりと考える時間もあります。


しかし、ドローダウンが大きいというデメリットがあります。ドローダウンというのは、損失の期間の事です。


さらに、値幅重視の取引をする場合、利益が出る取引をするために、2回~3回、多いときで4回、5回の損切りをしなければなりません。そこが、値幅重視の取引の最大の苦しさです。


しかし、ドローダウンが大きいのは最初だけで、利益が乗ってくると、苦しさが楽しさに変わってきます。そして、最後は笑いが出てきます。ドローダウンを気にしなくてもいい段階が来るまで頑張れば、精神的に楽に取引することができるようになります。


1日1回ほんの少しの時間、相場チェックをして、精神的にも楽な投資スタイルを自分のものにすれば、投資経験の浅い方でも十分にやって行く事ができます。




 どちらのタイプを選べばいいのか?

 投資経験の浅い方がやっていける確率は、勝率重視の投資法と比べて相当高いと思います。


大事な資産を投じて利益を上げて行くのが投資の世界です。低リスクでゆっくり確実に利益を上げて行きたい方は、値幅重視の取引をしてくださいね。


 自分の性格、生活スタイルなどを考えて、値幅重視の取引をするのか勝率重視型の取引をするのかを選択して下さいね。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




投資期間が長いほど利益が取りやすい!2016/11/19 11:55

 シュミレーションをすれば分かることがまだあります。それは利益を上げるための投資スタンスです。単なるシュミレーションでしかないのかもしれませんが、 投資期間が長いほど利益を取りやすいことが分かります。



 なぜ、投資期間が長いほど利益が取りやすくなるのでしょうか?




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 利益を上げやすい理由とは

 誰でも、買ったり売ったりする時には、決断するまでに必ず悩みます。買いたいとか売りたいと思っている時ほど、思い通りに相場は動いてくれません。そのため、苛立ちを覚えタリ、ストレスを感じる人が多いようです。


なので、できるだけ買ったり売ったりする機会を減らすことがストレスを軽減するコツなのです。つまり、ストレスになるような取引を減らすことが利益につながるということです。


ですから、取引にかける時間を少なくしたり、取引回数を減らすことが利益につながることになるのです。


これは、日足、週足、月足チャートを使ってシミュレーションしてみればすぐに分かることです。なので、できるだけ長いレンジで投資をお勧めしているのです。


ただ、儲けたお金を再投資することを考えると、短期投資は資金の回転率が良くなるので、利益率は上がります。ただ、それだけ投資にかける時間と労力が必要になります。




 自分に合った投資のしかたを

 投資というのは、すべて自己責任でやるものですから、自分で選択し、自分のライフスタイルや性格にあったやり方を選択することが最もよい方法だと考えています。


なので、いくら投資期間が長いほど利益が取りやすいと言っても、性格上ノンビリするのは嫌いで緊張感を持っている方がいいという方は短期投資を選択してください。性格やライフスタイルに合わない人は、長期の投資を選ぶべきではありません。自分に合った投資のしかたをすべきだと思います。


自分のやり方さえ掴んでしまえば、一生利益を上げ続けることができる技術になるのですから、真剣に考えて選択してください。


自分は短期が向いていると考えていたのに、やってみてダメだと分かれば、別のものに変えればいいだけです。投資と言うのは実践してみないとわからないことがたくさんあります。


トライアンドエラーしながら、自分の投資スタイルを作ってくださいね。


ただ、私が長期投資を進める理由は、精神衛生から考えてもストレスが少ないし、労力もかからないからです。仕事で疲れた上に投資でも疲れることがないようにすべきです。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村