FXの手数料2018/09/05 15:02

 投資をするためのコストとして最も考えなければならないのが、取引会社に支払う手数料です。FXの取引をするために必要な手数料には2つあって、スプレッドと呼ばれる手数料と取引手数料です。


取引手数料は、売買をすると差し引かれる手数料です。一般的に、1万通貨当たり○○円というように表示されています。この手数料は買いあるいは売った時にかかるものです。実際の取引では、買ったものは売らなければならないし、売ったものは買い戻さなければならないので、表示金額の2倍の手数料が必要になります。


最近は、FXの取引会社間の競争が激しくなっているので、顧客を増やすために、取引手数料を0円にするようなキャンペーンを行っているところも少なくありません。そこまでしても顧客に口座開設してもらって取引してもらえば利益が出せるということです。


なぜそのようなことが可能なのかというと、もう一つの手数料であるスプレッドと呼ばれる手数料で利益が出せるからです。スプレッドというのは、2つの通貨の売買のときに出る差益のことです。


FXの取引をした方ならご存知だと思いますが、取引画面を見ていると、買○○円、売××円と表示されています。つまり、買と売りとでは値段が違っています。この差額がスプレッドです。顧客が取引してさえくれれば、スプレッド手数料が自動的に入ってくるという仕組みです。


当然のことですが、取引する側は、誰でもできるだけ安い手数料のところで取引したいと考えています。なので、口座開設する時に、できるだけスプレッドがを安い会社を選びます。実をいうと、スプレッドと取引手数料との合計が安い会社を選ばなければならないのです。


しかし、実際には、取引のしやすさやサポートの良さなどを考えて選ぶべきだとと思います。確かに、投資コストを低くするのは基本ですが、取引しにくいシステムやサービスが悪い会社で続けていく気にはならないですよね。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村