取扱する通貨ペアを選ぶには?2018/06/04 09:09


 世界中には100以上の国がります。なので、FXで取引できる通貨も100以上あると考えられますが、実はそうではありません。FXで取引できる通貨は限られています。


FXの取引会社が扱っている通貨は、基軸通貨を中心に新興国でも比較的大きな国で通貨の流通量が多い通貨に限られるのです。そりゃそうですよね、流通量が少ない通貨を取り扱っても、たまにしか取引が成立しないのでは投資にならないですよね。


というわけで、取引できる通貨は、通貨ペアにして20ペアぐらいです。取引会社によって、取り扱っている通貨ペアがまったく違います。基軸通貨の取引するなら問題ありませんが、希少な国の通貨を取り扱っている会社はとても少ないのです。



 FXの取引会社を選ぶ時には、通貨ペアの数も考えるべきなのですが、それよりも自分が取引したい国の通貨を取り扱っている会社を探す方が良いと思います。取引したい通貨ペアを取り扱っているかどうかを確認してくださいね。


FXの投資家は次のような考え方で、通貨ペアを選んでいる方が少なくありません。多くの取引会社が扱っている基準通貨や流通量の多い通貨では、価格の変動が少ないので利益が出しにくいので、なるべく価格変動が大きな通貨ペアを探しています。


このような通貨は流通量が少ないですから、政治や経済のちょっとした変化でも大きく動く傾向があります。変動が大きければ大きいほど利益は出しやすいですからね。しかし、同じように損失も出しやすいわけですから、そういう通貨選択が良いのかどうかは分かりません。


また希少な通貨は流通量も少ないので、取引したくてもできないということもあるので、リスクが大きいことも事実です。



 私は基軸通貨同士の通貨ペアで取引するのが基本だと考えています。利益を出したいのなら取引量を大きくすればいいだけなので、あまりギャンブルのような投資法は考え物です。ドル/円でもかなり動いていると思うのですが・・・。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック