FXは情報集めが大切2018/05/09 10:14

 FX投資の目的は、通貨を売買して利益を上げることです。そのために最も大切なことは情報を集めることです。


例えば、ある国が金利を引き上げるというニュースを聞いたとします。金利が上がるのですから、当然、その通貨は人気となり買われる流れになります。実際に、金利を引き上げる国の通貨は上がります。


ニュースが流れると同時に上がり始めます。とはいっても、金利の引き上げ幅や他の国の金利とのバランスによって、上げ方は変わってきます。



 FXの場合、ニュースが流れた瞬間に動きだします。このような動きは、金利の引き上げだけでなく、経済指標の結果の発表によっても起こります。


発表された経済指標の結果の良し悪しによって、上がったり下がったりします。なので、FXの取引を長くやっている人は、経済指標の発表予定をチェックして、すぐ対応できるようにしている人が多いようです。


取引所を介さず、インターネットで取引できるので、世界中で起きるニュースで動いていると言っても、けっして言い過ぎではないと思います。



 ニュースなら何でもいいのかというとそうではありません。やはり経済や政治に関するニュースで動くようです。もちろん、基軸通貨国であるアメリカやヨーロッパで起きたことに反応しやすいです。世界経済への影響が大きい中東産油国での政治的な出来事はとても重要です。


普段、世界の政治や経済に馴染みのない方も、FXをするのであれば、世界の政治や経済の動きを興味を持って集めなければなりません。そのために日本経済新聞の1面だけでも毎日読んで欲しいですね。


そうすれば、嫌でも興味が湧いてくるし、世界の政治や経済の動きに詳しくなります。ぜひ、日経新聞を毎日読んでください。新聞を取るのが嫌な方は、Web版もありますから、トライしてくださいね。


FXで利益を上げるには取引会社選びが重要!2018/05/12 11:38

 FXの取引の仕方が分かれば、いよいよ実戦です。次は、実際に取引するには、取引の口座を作らなければなりません。野球をしたいならグランドを借りなければならないのと同じです。


FXの取引ができる会社に取引口座を作る必要があるのです。しかし、口座を作るだけではまだ足りません。投資するための資金を口座に入れてやらなければ取引は始められないのです。



 まずは、FXの取引会社を決めなければなりませんね。そんなのどこでも同じだから、さっさと決めて取引したいと考えているでしょう。その気持ちは分かりますが、取引する会社によって、あなたがこれからFXの投資でやっていけるかどうか決まってしまうと言っても言い過ぎではないのです。


なぜかというと、大きな会社から小さな会社まで、うんざるするほどたくさんのFXの取引会社があって、それらの会社ごとに、取引に必要な手数料やレバレッジ、そして、その会社が倒産した時に、資金が保全されるかどうかなど、会社によってまるで違うからです。


手数料が安い会社の方が、利益が出しやすいのは誰でも分かると思います。さらに、倒産しにくい会社の方が安心して取引できますよね。


取引を始めてから、ダメな会社だとわかっても、時既に遅しで取り返しがつかない状況になってしまうこともあるのです。特に、取引会社が倒産した場合など、いくらFXの取引で儲けていたとしても、資金が保全されていなければ、利益がすべて吹っ飛んでしまうこともあるのです。



 なので、取引会社選びは慎重に行わなければなりません。 ここでは、取引会社を選ぶポイントについて説明していきます。それらのポイントをよく理解したうえで、どの取引会社に口座を作るのか、自分で選んでくださいね。


バフェットも実践する”ちょっとずるい”投資法2018/05/14 09:51

「投資家のヨットはどこにある?」

あなたは、この本を知っていますか?
世界No.1の投資家バフェットも推薦している本です。


ちょっと変わったタイトルですが、
その由来は”投資に関する"とても興味深い真実を教えてくれます。


==

あるブローカーが富豪の避暑地として有名な ニューポートでの休暇中に港に停泊していた多くの 高級ヨットを眺めていました。


それらのヨットの所有者を尋ねると、
・株式ブローカー
・銀行家
・トレーダー


という答えが次々と返ってきたというのです。
そこで、そのブローカーはこう聞いたのです。

「投資家のヨットはどこにある?」

==


これがこのタイトルの由来です。
この本の発売から70年以上経っていますが、
状況はまるで変わっていません。


つまり、銀行家やブローカーは儲けているが、 そのお客である投資家で儲かっているお客はいない、 という皮肉が込められているのです。


実は、投資家と金融業界では、利益が相反する関係が 成立しているというのが不都合な現実なのです。


例えば、投資信託は、成績がどうであっても、 資金さえ集めれば、投資信託の運用会社や 販売会社は儲かる仕組みになっています。


さらに、顧客に投資信託の入れ替えを勧めれば 販売手数料が稼げるようになっていることが多いです。


もちろん、これは投資信託に限らず、 株式でも保険商品でも同じです。


では、バフェットを始め、本物の大富豪は どのようにして資産を増やしているのでしょうか?


その答えは、この本に書かれています。
↓ ↓ ↓
資産を築くための原則を公開、、


大富豪の投資術


↑ 通常5,000円のところ
 今なら1,980円で手に入れることができます!!



FXの手数料2018/05/16 09:52


 FXの取引には手数料が必要です。それは通貨を買ったり売ったりしたときに取引会社に支払う料金です。1回の取引毎に必要となるので、「デイトレード」のように1日に何回も取引するような方は、手数料の安い会社を選ばなければなりません。


ただ、政府には個人取引を活性化したいという思惑があるので、FX取引会社の取引手数料を無料化するように指導しています。そういうこともあって、現実には、多くの取引会社が手数料を無料にしています。


なので、手数料についてあまり気にしなくてもいいかもしれません。近いうちに、取引手数料はゼロが当たり前になると思います。


しかし、取引手数料を高く設定している会社ほど、情報の質や量が良いだけでなく、顧客サービスに力を入れてる傾向があります。なので、手数料が高い会社はダメということではありません。誤解しないようにしてくださいね。



 FXの取引をするためには、手数料以外にも実は費用が掛かります。口座開設料とか口座維持費というような名目で料金を徴収しています。


口座開設料は、開設時一度だけですが、口座維持費は1年ごとに必要です。この辺のことは、株式投資をしている方なら知っていることなので、あえて説明する必要もないのかもしれません。


取引するために、どれくらいの費用が必要になるのかをチェックし、できるだけコストがかからないような会社を選びましょう。

FXのスプレッドとは?2018/05/19 10:36


 FXの取引でよく使われるスプレッドという言葉の意味は、売値と買値の価格差のことです。一般的にFXの取引会社では、2Wayプライスと呼ばれる表示法によって、売りと買いの両方の取引レートを同時に表示しています。


例えば、米ドル/円が110.50-110.55と表示されている場合、左の数字が投資家が売る時の売値、右の高い数字が投資家が買う時の買値です。つまり、投資家が1ドルを売る時は110円50銭、1ドルを買う時は110円55銭で取引することができるということです。


FXの取引では、このスプレッドがあるために、投資する側は何もしなくてもスプレッド分だけ損するようになっています。スプレッドは取引会社の利益です。FXの取引会社の多くは、手数料を無料にしているかわりに、このスプレッドによって利益を上げているのです。


投資家にしてみればスプレッドが取引するための手数料ということになるので、スプレッドが大きいほど取引手数料が高く、投資家にとっては不利な条件となります。もうお分かりだと思いますが、できるだけスプレッドの小さい取引会社を選ぶことが重要です。



 スプレッドは、取引会社毎に違っているだけでなく、取引する通貨ペアによっても異なります。なので、取引会社選びと同時に、通貨ペア選びも、取引コストに大きく影響することになります。なので、口座を開設する前に、よく検討してから選んでくださいね。