月毎のクセを把握する2017/05/19 09:45

 インターネットを使った取引で儲けるコツとして3番目に大切なことは、月毎のクセを理解することです。


月毎のクセなんてあるのでしょうか?実際に月毎のクセを理解していると結果を出しやすい月があることがよく分かります。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 月毎のクセとは

 月別の傾向を見ると、2月、5月、8月、11月は、ドル売りの傾向が強まります。これは、米国国債など債券の利払い月に当たるからです。日本の機関投資家は、米国国債などの利子が米ドル建てで支払われるため、米ドル建ての利子を円に替えます。この動きがドル売りにつながってくるのです。


年度末の動きにも要注意です。日本企業の場合、9月末が中間決算、3月末が本決算というケースが多く、この時期、海外資産を売却して、決算の数字を作ろうとする企業が増えます。したがって、9月と3月は、やはりドル売りの傾向が強まります。


ちなみに、12月は海外企業の決算に絡んで、「リパトリ」の動きが出てきます。リパトリというのは、「リパトリエーション」の略で、決算前に利益を本国に送金する動きのことです。


海外企業の場合、円を売ってドルに替えるという動きをするため、12月はドル買い圧力が強まりやすいということを、覚えておいた方が良いでしょう。


グローバル化が進んだことで、企業経営も世界経済の動きに影響されます。為替の影響は特に大きいのです。なので月毎のとクセを理解して、株式投資に生かしてくださいね。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村