投資に不可欠な心得「機に待つに即ち仁、機に乗ずるに即ち勇、機に転ずるに即ち智」2017/04/06 11:30

 投資の格言には、利益を取るためのノウハウを伝えるものが知られていますが、投資をするための心得を示してくれるものもたくさんあります。


 今日は、投資の格言というよりも心得ともいえる格言を紹介します。

 それは、「機に待つに即ち仁、機に乗ずるに即ち勇、機に転ずるに即ち智」です。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 格言の意味

 相場の神様と呼ばれている本間宗久は、酒田五法を編み出したことで有名ですが、「三位伝」という秘伝中の秘と伝えられる3つの心得を残しています。それが、「機に待つに即ち仁、機に乗ずるに即ち勇、機に転ずるに即ち智」です。


その極意を簡単に説明すると、チャンスが来るまで精進しながら待つことを意味するのが「仁」、チャンスが来れば果敢に乗るのが「勇」、気持ちや考えを切り替えて柔軟な対応ができることが「智」です。


投資にはこの3つの心得が不可欠だと本間宗久は説いています。もちろん、これらの3つを実行するには、まず自分自身に打ち克たなければなりません。




 投資は相場との闘いではない

 今これを初めて聞いた方は、そんなことは当たり前のことだと思う方も多いはずです。当たり前と言えば当たり前のことなのですが、知っていても実行できなければ何の意味もありません。


これをその通り実行できる人がどれくらいいるのかと考えると、それほど多くないように思います。知っていることと確実に実行できることとは、まったく次元が違います。


不確実性の高い相場は無視して、高い勝率が期待できる相場がくるまで、辛抱強く待つことができるかどうかがポイントだと思います。


投資というのは、相場との闘いではありません。自分との闘いでしかないのです。それは、今も昔もまったく変わりがありません。


「仁」「勇」「智」にもとづいて行動する方法を編み出すことが、投資で安定した利益を上げる方法ではないかと思っています。ぜひ、自分なりの方法を見つけてくださいね。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック