株式相場から出てきた有名な格言「小回り3カ月、大回り3年」2017/03/22 10:11

 今日は株式相場から出てきた有名な格言を紹介します。株をやっている方なら、たぶん知っていると思います。


 それは、「小回り3カ月、大回り3年」 です。

 ご存知でしたか?




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 この格言の意味するところは、

 簡単に言うと、小さな波動は3ヶ月単位で動き、長期の波動は3年単位で動くという、日本に古くから伝わる言い伝えが格言として残ったものです。


迷信のようで根拠がないように思われますが、感覚的に言うと、なんとなく当たっているように思います。実際、株式投資をしている方に聞いてみると、意外と当たるようです。


株式相場の動きを波動から見てみると、これは中期、短期の波動を示しているようです。中期的な波動は3年で一巡し、短期的な波動は3ヶ月で一巡するという意味だと思います。


大回り3年のサイクルは、在庫調整に起因する景気循環がおよそ40ヶ月で起こることを示しているキチンサイクルとほぼ一致しています。中期的な相場のサイクルをチャートで見てみると、3年くらいで一巡するサイクルが随所で見られるそうです。


古くから耐えられる経験則から出てきたものですから、それほど間違っていないようです。


一方、小回り3ケ月は短期的な波動が一巡するサイクルを示しているようです。酒田五法では、7~8週、あるいは11~12週ごとに買いと売りのエネルギーが交代すると書かれています。やはりあっているようですね。




 金相場の場合

 金の場合、長期サイクルは30年、中期サイクルは51ヶ月、約4年です。そして短期サイクルは18週ぐらいだと言われているので、株よりも少し長いようです。


しかし、現実を考えてみると、金相場は株式相場の動きに影響されることが良くあるので、株式市場の動きも考えて取引することはよい結果をもたらすことになると思います。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村