利益を上げていけるのはリスクコントロールできる投資家だけ2017/01/18 11:24

 トランプ氏が次期アメリカ大統領に決まってから、トランプ氏の経済対策への期待感からドル高、株高の流れになっていましたが、大統領就任式が近づくにつれ流れが変わってきたように思います。


これから、これまでのようなドル高、株高の流れが続くのか、あるいはドル安、株安の流れに変わるのか判断の難しい局面にきたようです。


株価が下落するのではないか?という下落リスクを恐れトレードを控えている人もいれば、リスクをコントロールしながら投資に取り組む人もいます。


つまり相場の変化を恐れて行動を控えている人とチャンスが来るのを待っている人と2つのタイプの人がいるということです。



 どちらも、現時点ではトレードをしていないという点は同じなのですが、その中身がまるで違います。どういう違いがあるのでしょうか?




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




   取引を控えている人とチャンスを待っている人との違い

 それは、
“損失を恐れて行動をしている”
“利益のための行動をしている” という違いなのです。


 今の株式相場は買えば儲かるという相場ではありません。以前と比べると格段に難しい相場になっていると思います。しかし、ある種の投資家にとっては、今の相場も以前の相場も同じなのです。


ある種の投資家とは、リスクを恐れるのではなくコントロールすることができる投資家のことです。


相場の世界に長くいると、何も考えず買っていれば、とにかく儲かったという時期が時々きます。その時には、リスクコントロールする必要もありませんでした。ですが、そんな相場がずっと続くはずはありません。


長く一方的に続く上昇相場だけではなく、下落相場や持ち合い相場など、いろいろな形を形成する相場で、ずっと利益を上げながら資産を増やしていきたいと思うのであれば、リスクをコントロールする方法を身につけなければなりません。


逆に言うと、リスクコントロールをしっかりと身につけて取引できるようになれば、ずっと相場の世界で利益を上げていくことができるということです。




 リスクをコントロールできる状態に

 今の相場は、ファンドなどの逃げ足が速く、いつ下落するか分からないという不安があります。しかし、投資をする上で不安なく取引するなんてことはあり得ないのです。


常に不安材料、リスクがある中で取引して行かなければ、利益を上げていくことはできないのです。だから恐れるのではなく、コントロールする方法を身につけなければならないのです。


以前のように買えば儲かる相場も、またやってくるでしょう。しかし、その相場で本当に利益を上げていけるのは、下落相場や低迷相場を知っている、リスクのコントロール方法を知っている投資家だけなのです。


リスクを恐れるという状態から、“リスクを恐れながらも、コントロールできる”という状態にレベルアップしていきましょう。


そうすれば、今の不安材料いっぱいの時間帯が、利益を上げるチャンスに備えて待つ時間帯に変わります。そして結果が変わり始めます。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック