「急いては事を仕損じる」分かっているのに間違いを繰り返す2017/01/09 11:02

   今日は知らない人がいないほど有名な格言を紹介します。

それは、「急いては事を仕損じる」 です。

この格言は、あわてて行動すると、やり方が雑になったり、注意力が散漫になって失敗しやすいので、慌てず落ち着いてやりなさいと教えてくれるものです。


いまさら説明する必要もないのですが、誰もが分かっているはずなのに、投資となると、この格言があったことなどすっかり忘れて何度も同じ間違いをしてしまいます。


なぜそんなことになってしまうのでしょうか?




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 底の安値で買う必要はない

 ローソク足やテクニカル分析を見ながら買い時を待っている時などに、早とちりして買ってしまうことがよくあります。というのは、できるだけ安値で買いたいという思いがあるせいか、チャートが少し上向きになったと思ったところで買ってしまうのです。


買った後にまた下げてしまって、ロスカットに遭うなんてことをやってしまうのです。冷静に考えれば、底の安値で買う必要なんかないのです。


なぜかというと、たとう底値で買えたとしても、底値付近で低迷する時間がかなりあるので、上がり始めるまでに時間がかかることが多いのです。なので、底を打ったのを確認してから、上がり始めたところで買っても遅くないのです。




 高値掴みしないためには

 ところが、相場の動きというのは、いつも同じように動いてくれるわけではありません。ある時は、底を打ったと思ったら、すぐに上がり始めるなんてこともあるのです。


そういう時に買うことができなかったという経験をしている人ほど、早く買わなければと思ってしまうのか、フライングする人が多い気がします。


投資を始めたころの私はそうでした。せっかちな性格ですから、何度も同じような失敗を繰り返しました。そのおかげで、ルール化することに気が付いたのですから、失敗を数多く経験した方が良いのかもしれませんね。


特に、自分で売買の判断をせずムードで買ったり売ったりする人は気を付けなければなりません。流れに乗り遅れまいと慌てて買ってしまって高値掴みになるなんてことがよくあるので、自分なりのルールにのっとって売買の判断をしてくださいね。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村