得られた利益の配分方法とは2016/12/19 11:55

 投資をしていて利益が出始めると考えなければならない大きな問題が有ります。得 られた利益をどのように使うのかです。


再投資すれば、これからさらに利益を積み上げるのに効果が大きいのですが、投資を 始めた目的を考えると、得られた利益を目的を達成するために使うか蓄積していくべ きです。。


得られた利益をどのように使うのかをあらかじめ決めておかなければ、有意義なお金 の使い方ができなくなってしまうことになります。 。



 それでは、得られた利益をどのように使うべきなのでしょうか?その配分のしかた について考えてみましょう。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブ ログ村




 利益配分について

 投資で得られた利益をどのように使うのか、利益が出てから考えていたのでは、結局ムダ使いで終わってしまいます。せっかく苦労して儲けたお金ですから、できるだけ有意義に使わなければなりません。


 私は投資で得られた利益の配分方法を決めています。それは次の5つです。
1.再投資
2.貯蓄
3.趣味・娯楽
4.寄付
5.自己投資。


私はこれらの5つはすべて重要だと考えています。もちろんその比率も決めています 。しかし、あなたは自分の考え方で決めればいいことなので、これらの5項目すべて に配分する必要はありません。。


 これら5項目の必要性とは

1.再投資

 得られた利益を再投資するのは当たり前です。再投資の比率が大きければ大きいほ ど目標の達成が早くなります。投資額が小さいうちは100%再投資して、ある程度の 金額になった段階で、再投資以外に振り向けていくのがいいでしょう。得られた利益 が大きくなるにしたがって配分比率を下げていきましょう。。


2.貯蓄

 貯蓄は投資を始めた目的を達成するために必要な資金を貯めていくためのものです 。こちらも得られた利益が大きくなるにしたがって配分比率を上げていきましょう。 。


3.趣味・娯楽

 これはいわゆるご褒美です。頑張った自分に褒美を上げてください。そうすれば投 資を続けるモチベーションが上がります。ご褒美がないと投資が辛くなってしまいま す。。


4.寄付

 寄付なんかなんでしなければならないの?と思うかもしれませんが、恵まれない人 のために寄付することで、いくらかでも社会や役立つことができるという自信につな がります。クリスマスキャロルのスクルージのような人間にならないために、ぜひ寄 付をしてくださいね。。


5.自己投資

 自己投資のためにお金を使うのはとても重要です。投資で儲ける金額をさらに大き くする上でも、自己投資に使うべきなのです。投資のテクニックや技術を上げるだけ でなく、人間性を向上させることが利益拡大には欠かせないことだと考えています。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブ ログ村