年末接近で利益確定売りが増える2016/12/06 11:39

昨日は暖かかったですが、今晩あたりから冷え込んでくるそうです。今週は、あの砂漠の国に雪を降らせたという寒気が入ってくるので、かなり冷え込むようです。


寒さは苦手なので、寒くなると出かける気になりません。とは言っても、師走ですから、どうしても出かけなければならないこともあります。


出かけてしまえばなんてことないのですが、寒さというのは人の行動を変える力があるようで、出不精にしてしまいます。


今日は、季節が人間の行動や心理状態を変えるという話をします。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 年末は人の思考を変える

 毎年のことですが、12月半ばを過ぎると、「年末接近で利益確定売り」という新聞記事をよく目にするようになります。


これは年末が近づき市場の取引がさらに細る前に利益確定や持ち高調整をすませておこうとする投資家の売りが目立つからです。


 特に、史上最高値を更新している状況だと、なおさらのことリスクをとって上値を追うという市場参加者が少なくなるそうです。NY株式市場もそういう状態になっているので、これから要注意の時期になりそうですね。


なぜかというと、損失を抱えたまま年を越したくないという心理が働くからなのです。これは年末特有の心理かもしれませんね。




 元旦は日本人にとって特別な日

 日本人は特にそういう意識が強いと思います。年末のザワザワとした雰囲気から大晦日、元旦へと繋がる時間の流れは特別なものがあります。


年末の騒がしさが一掃され、一夜にして厳かな凛とした張りつめた雰囲気に変わる様は知らない人が見ると異様に感じるかもしれませんね。日本人は特別な感情に浸されるので好きですね。やはり、元旦は我々日本人にとって特別な日です。


こんな背景があるからこそ、年末には利益確定の売りが増えるのだと思います。日本以外の国でも程度の差はありますが、同じような心理状態になるのだと思います。


合理的な考え方をする欧米人も、新たな気持ちで新年を迎えたいと考えているのでしょう。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村