20年以上も勝ち続けている投資家とは?2016/10/01 11:34


 20年以上も勝ち続けている投資家がいます。ほとんどの投資家が大きな損失を負った2008年のリーマンショックの時にも勝っているのです。リーマンショックのような相場でむしろ大きな利益を上げています。



 そのような投資家と一般の投資家とはいったい何が違うのでしょうか?




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




20年以上も勝ち続けている投資家何が違うのでしょうか?

 結論を先に言うと、その差はリスクのコントロール方法を知っているかどうかなのです。たったそれだけのことなのです。


 なので、今回はリスクコントロールについて考えてみます。

 投資家には相場の変化を恐れて行動を控えている人とチャンスが来るのを待っている人と2つのタイプの人がいます。


どちらも、現時点ではトレードをしていないという点は同じなのですが、その中身がまるで違います。どういう違いがあるのでしょうか?

“損失を恐れて行動をしている”
“利益のための行動をしている” という違いです。



 投資と言うのは、ただ買えば儲かるわけではありません。長く投資をしていると、何も考えずに買っていれば、とにかく儲かったという時期があります。そういう時にはリスクコントロールの必要はありません。


しかし、そんな相場がずっと続くはずはありません。上昇相場だけではなく、下落相場や持ち合い相場など、いろんな相場で、利益を上げなければ、資産を増やすことはできません。たいていは難しい状況にあるのが相場です。


そのためには、リスクをコントロールする方法を覚えなければなりません。逆に言うとリスクコントロールを身につければ、利益を上げていくことができるということです。




 リスクをコントロールできなければ勝ち続けられない

 2008年のリーマンショックのような相場で利益を上げたのは、リスクのコントロール方法を知っている投資家だけなのです。


リスクを恐れるという状態から、“リスクを恐れながらも、コントロールできる”という状態にしなければなりません。


リスクを恐れるのではなくコントロールすることができたからこそ、20年以上も勝ち続けられる投資家になれたと言えるかもしれませんね。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村