リスクをとらないことが最大のリスク!2016/06/19 10:06


 今の日本は大変な状況になっています。国家の借金が1,000兆円を超えました。日本の財政はいつ破綻してもおかしくありません。さらに、中国の覇権主義の進行や北朝鮮の崩壊などの事態が起きれば、これまでのような安全な生活を送るできなくなってしまいます。


そんな時に大事なことは、自分や家族を守るために何をすべきなのかを考えて準備しなくてはなりません。そのために大事なのが資産を持つことです。


サラリーマンとして働いて預貯金を殖やしたところで資産と呼べるようなものができるはずがありません。やはり投資という手法を使って、資産を殖やすことが最も合理的で短期間で目的を達成できる方法だと思います。



 それでは、どのようなスタンスで投資をすればいいのでしょうか?




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




   預貯金は安全なのか

 銀行にお金を預けておけば、時間が経てば利子がついてお金が殖えるという考えを持っている人がほとんどだと思います。しかし、そんなことは過去の話に過ぎません。低金利時代が長く続き、その後マイナス金利の時代に入りました。


今は未だ銀行にお金を預けておけば少しですが金利が付きます。しかし、日銀がさらにマイナス金利政策を進めていくと、銀行にお金を預けておくと金利を支払わなければならない時代になるはずです。マイナス金利政策を先に始めたEUでは住宅を建てるためにお金を借りると借りたお金に金利が支払われるのです。


お金を借りる方が得になる時代がやってきたということです。そんな時代ですから、安全確実にお金を殖やすことがとても難しいのです。つまり何らかのリスクを取らない限りお金を殖やすことができなくなったということです。




 何もしないことが最大のリスク

 お金を預けておくと損失が出るのですから、リスクを取ってリターンを得る方法を考えなければならないのです。どうせリスクを取らなければならないのなら、できるだけハイリターンを得たいですよね。


ハイリスク・ハイリターンの投資をすれば、ハイリターンが期待できるものの一歩間違うとすべてを失うことになるかもしれません。しかしお金の価値が確実に減ることはありません。リターンが期待できるという可能性が広がるのです。


これから何もせずじっとしていると確実に資産が減っていきます。つまり何もしないことが最大のリスクになるのです。


最近、格差やワーキングプアという言葉が定着してきました。負け組が確実に増えているということです。今、何もしなければ、あなたは確実に負け組に入ってしまうでしょう。


あなたは、それで満足ですか?何もしないで負け組になるのを待つか、何かやって負け組になるか、上手くやって勝ち組になるのか、あなたの選択次第なのです。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村