インフレの30年サイクル2016/04/06 11:00


 日本は未だデフレから脱却することに喘いでいますが、経済のサイクルを見ていると、インフレはおよそ30年サイクルで起きていることが分かります。既に、このことを知っていて投資に利用している方も少なくありません。

インフレが30年サイクルで起きているのであれば、日本がデフレから抜け出すのには、まだまだ時間がかかりそうです。


 それでは、インフレの30年サイクルとはどのようなものなのでしょうか。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




 インフレの30年サイクル

 インフレの30年サイクルもやはり本間裕氏が2003年に発行したその著書「マネーの原点(天国と地獄のサイクル)」で明らかにしています。


 私が説明するよりも分かりやすいので、本間氏の著書から引用させていただきます。

インフレの30年サイクルは有名だが、コインの歴史からもこのことは実証できる。過去2000年間のコインの歴史を尋ねると、ほぼ30年ごとに発行枚数が少なくなっている。つまり、金や銀価格の高騰により、金貨や銀貨を発行することが難しくなり、発行枚数の減少が起きている。その年のコインには希少性が出るために、価格が高くなっているのである。


そして、現在起きている出来事も30年前とそっくりな状況と言えよう。1971年の「ニクソンショック」以降の出来事と、2001年の「ワールド・トレードセンター事件」以降の出来事に、きわめて高い類似性が見て取れるのである。


 現在の世の中には、史上最大規模のお金が存在する。そして、ほとんどの人が「お金さえあれば安心だ」と思っている。しかし、オイルショックのような事件が起きると、お金を持っていても物が手に入らなければ、お金が役に立たないことに気づく。


このような「意識の変化」によって、慌ててお金を物に換えようと殺到したのが、「トイレット・ペーパー事件」の真相だった。しかも、現在のお金の量は、30年前に比べると桁違いに多くなっている。ところが、一次産品価格は当時に比べてほとんど変化していない。このことから分かることは、今度ボトルネック・インフレが起きれば、30年前の数倍の規模になるということであろう。




 30年に一度しかない大チャンス

 インフレの30年サイクルを知っていると、投資によって莫大な利益を上げることが簡単にできるのです。商品の価格は30年に一度暴騰するからです。デフレの時期に商品を大量に買い込んでおいて、インフレで暴騰した時に売ればいいだけなのです。


もちろんインフレの規模がどの程度になるのか、また何時頃インフレのピークを迎えるのかなどを予測して投資しなければなりません。そしてどのような商品を買うのがいいのかなど、投資をするための準備は必要です。


しかし、これだけのことが分かっただけでも、どのようにしてお金を儲ければいいのかという方法を考えるだけでいいのですから、儲かるかどうか分からず投資するのとでは大きな違いがありますよね。




 1日、1回、あなたの応援クリックが更新の励みになります。
  ↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村にほんブログ村




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック