何のために投資をするのか?2016/03/11 17:08


 ブログを始めるにあたって、いきなりですが、私が最も伝えたいことを書くことにします。

 投資とは何なのでしょうか。何のために行うのでしょうか。



 投資はギャンブルと同じ

 私は投資というのは基本的にギャンブルだと考えています。

なぜギャンブルだと考えているのかというと、お金を使ってお金儲けをするからです。これは競馬や競輪と同じです。競馬では馬券を買って、当たればお金が儲かります。投資は株券などを買って株価の上昇を待ってお金を儲けるのです。ギャンブルと何ら変わらないじゃないですか。


ギャンブルは、競馬や競輪のように国家が公認しているものと野球賭博のように公認されていないものとがあります。


国家が公認している競馬や競輪に賭けても罪に問われることはありませんが、公認されていない野球賭博をすると犯罪です。


「投資」はギャンブルとは認定されていないので大手を振って行うことができます。最近では、政府がNISAのようなしくみを導入し、一般の方でも投資をしやすい環境づくりを勧めています。むしろ国を挙げて投資を奨励していると言っても言い過ぎではありません。


なので、投資は大っぴらにできます。何の後ろめたさもありません。しかも、「知的ゲーム」として、もてはやされているくらいです。


日本では「博打打ち」は白い目でみられますが、ウォーレン・バフェットやジョージ・ソロスのような大投資家は、尊敬されるだけでなく羨望の的にすらなっています。このような大投資家を目指して投資をしている人も少なくありません。




 何のために投資をするのか?

 投資をしている人は何らかの目的をもっています。目的がなければ投資をすることはできないはずです。たまに、ギャンブルと同じようなスリルと興奮を味わうために投資をしている人もいるようですが、たいていの人は、夢や目標を実現するための資金作りのために行っています。


それは老後の資金を得るためであったり、家族旅行をするためであったり、人それぞれ目的が違います。投資をする目的がハッキリしていれば、それでいいのです。


ところが最近はムードというか、FXは儲かるからとか友人がやっているからとか、そんな理由で投資を始める人がとても多いような気がします。そんな気持ちで投資をしても、けっして利益を上げることはできません。


投資家としての天性を持っている人を除いて、我々のような凡人は、やはり明確な目標とスケジュールを立てた上で投資を始める必要があります。毎月コンスタントに利益を上げようと思えば、投資のルールを作って、感情をできるだけ抑えて取引することが重要です。


そうした地道な作業をコツコツとこなすことでやっとコンスタントな利益につながるのです。投資というのは、とても地味な作業です。自分で決めたルール通りの状況が来るまで辛抱強く待っていなければなりません。


思惑だけで取引をしてもたまに勝つこともありますが、たいていの場合損をしてしまいます。そんな地道な作業に耐えられるのは、自分が達成したい目標があるからなのです。どうしても達成しなければならないと思えば、少々のことは辛抱できるのです。


ですから、投資で何が大事かと聞かれれば、私は「目標」だと答えます。しかも、その目標は具体的であればあるほどいいようです。漠然とした目標ではダメなのです。具体的であればあるほど、達成が早いような気がします。間違いありません。


皆さんも、具体的な目標を立ててください。スケジュールまで作ると、よりいっそう達成する可能性が高くなります。これから投資によって大きな夢を叶えて欲しいと思います。

目的を持つ重要性とは2016/03/12 11:17


 投資で利益を上げるために最も重要なことは目的がハッキリしていることです。そして具体的な目標が立てられていることです。



 それでは、なぜ目標を立てなければならないのでしょうか。

 たいていの人はお金儲けがしたいから投資を始めます。しかし、突き詰めて考えるとお金儲けがしたくて投資をしているわけではありません。投資をして儲けたお金で何かをしたい、あるいは小さいころからの夢を実現したいと考えています。


自分の夢を実現したり何かを買ったり、したいことをするために必要な金額をはっきりとさせることから始めなければなりません。そうすれば、具体的に投資でいくら儲けなければならないのかか分かります。


目標がはっきりすれば、その金額を儲けるために何をしなければならないのかかはっきりしてくるのです。ただ漠然とお金儲けがしたいというのでは、お金儲けをするために何をしなければならないのか分からなくなってしまうのです。


なので、目標を決めることが重要なのです。目標があるとないとでは、その結果に大きな差が出てくるのです。当たり前ですよね。




 それでは、具体的にどのように目標を立てて実践していけばいいのでしょうか。

1.目標の立て方

 最終的な目標は、現時点では達成が困難なものにしましょう。簡単に実現できる目標では意味がないのです。達成困難な目標を立てて実践し試行錯誤することに意味があるのです。達成困難な目標にチャレンジしていると嫌でも達成するために何をしなければならないのかを考えるようになるのです。


2.目標を公言すること

 立てた目標を紙に書いて公言しましょう。家族でも友人でかまいません。誰かに公言することで、嫌でもやらなければならないように自分を追い詰めるのです。そうでもしなければ、自分を追い詰めることがなかなかできませんからね。失敗しても、へこたれないために、自分をやらなければならない状況に追い詰めてください。


3.実践による試行錯誤

 目標ができたら、次は実行です。目標ができたからといって、その通りできるはずがありません。そこで考えるのです。どうしたら目標を達成することができるのかを。ここからが大変なのです。しかし、毎日努力していけば必ず効果が出てきます。そして、月に一度は目標を見直し修正していくのです。見直しする時に、達成しやすいように変えていくのでは意味がありません。


4.小さな目標を立てて達成を祝うこと

 達成困難な大きな目標を立てた後は、月毎の小さな目標を立てましょう。この小さな目標は達成しやすものにしましょう。小さな目標を積み重ねることで、大きな目標が達成できるようにするのです。

そして、小さな目標が達成できた時には、必ず自分へのご褒美を上げましょう。さらに、家族や友人とお祝いをしましょう。ささやかなお祝いでかまいません。

それを繰り返していると楽しくなってきます。楽しくなってきたら、しめたものです。そうすると、目標達成が加速してきます。楽しみながら、やっていってくださいね。


5.あきらめないこと

 実践による試行錯誤を繰り返していけば必ず成果が出てきます。地道に努力することです。我々凡人にできることは、努力することしかありません。時間をかけてやれば必ず成功します。目標を達成することができます。



 まさに継続は力なりです。大きな夢を実現しましょう!

夢を叶えるには2016/03/14 17:44


 夢というのは叶わないから夢だと考えている人がたくさんいます。しかし、私は夢は叶えるもの、叶えるために努力することが大事だと思っています。



 それでは夢を叶えるためにはどうすればいいのでしょうか。




 漠然と考えていても夢は叶わない

 誰でも大きいとか小さいとかに関係なく夢を持っていると思います。夢なんか持てないと言っている人も少なくありませんが、話をしていると何らかの夢を持っています。


例えば、テレビ番組などで芸能人が海外や国内の観光地を旅するものが案外と人気があります。そういう番組を見ていると、『行ってみたい!』と漠然と思うことがよくあります。そういうことがきっかけで、あそこに一度行って見たいと思うようになる人が少なくありません。それもりっぱな夢です。


そういう夢を叶えるためにどうすればいいのかというと、漠然と行きたいと思うだけではけっして叶うことはありません。なぜかというと、漠然と生きたいと考えているだけで、行くための具体的な行動を起こすことがないからです。


特に、『お金ができたら・・・』とか、『もう少し頑張って余裕ができたら・・・』と思っているうちは、絶対に夢が叶うことはないのです。




 できるだけ具体的にしなければ夢は叶わない

 周りを見ていても夢を実現するために具体的な行動に移している人はあまり多くありません。旅行する場合を考えてみます。今は旅行をするための費用がなくてもいいのです。時間がとれなくてもかまいません。


それでも行きたい場所が決まっているのであれば、どの季節に訪れて何をするのかを決めます。そのために必要な期間と行き帰りの時間などを決めていけば、どんどん具体化していきます。そしてどのような交通手段を使って、どういう宿泊先にするのかを考えていけば、必要な費用が分かります。


費用が掛かりすぎるのであれば安くする方法を考えればいいのです。そうして具体的に考えていけば、夢がどんどん実現に近づいていくのです。そうやって出てくる問題点を1つ1つクリアしていけば、時間がかかっても必ず実現します。

夢を実現できない理由とは2016/03/15 15:41


 誰でも夢を持っていると思います。夢を実現することはなかなか出来ないのが現実です。しかし、夢を実現するのは簡単なことで、次から次へと夢を実現している人がいます。



 それでは、夢を実現している人と出来ない人との差は何なのでしょうか。
また、なぜ多くの人が夢を実現できないのでしょうか。




 夢と目標と予定の違いは?

 「ユダヤ人大富豪の教え」(大和書房)、「きっと、よくなる!」(サンマーク出版)などの本を読んだことがある方がたくさんいると思います。その著者である本田健氏をご存知の方も少なくないでしょう。


本田健氏は複数の会社を経営し、「お金の専門家」として有名な方です。その本田健氏のセミナーに参加した時の話をします。最初に本田氏が訊ねた質問は今でも忘れることができません。それは、「皆さんが夢を実現できない理由を知っていますか?夢と目標と予定の違いは?」でした。


夢というのは漠然と「こうなったらいいなあ!」と思っている段階です。そして、もう少し具体的に、「何時何時までにこうしよう!」と思っているのが目標。そして、「何時までに何をどうする!」と決めて実行していくのが予定だというのです。


『夢をすべて実現している私には、夢なんかありません!』なぜなら、すべて予定だから、夢や目標を持っていないといのです。これが、夢をすべてかなえている達人の考え方なのです。これを聞いて、なるほどと思いました。




 夢を実現するために必要なことは

 このブログを読んでいる方、何らかの夢を実現したいと思って、投資の勉強をしているのだと思います。それでは、投資で夢を実現するために、何をしなければならないのでしょうか?


 投資のテクニックを磨くことですか?利益を上げるための情報を得ることですか?

そんなものはまったく必要ありません。なぜならば、その気にさえなれば、そんなものはどこからでも手に入れることができるからです。もっと大事なことがあります。それは、夢(目標)を実現した自分をハッキリとイメージすることなのです。


こう言っても分からないと思います。夢(目標)を実現できない原因は、夢(目標)そのものがハッキリとしていないか、夢(目標)を持っていないかどちらかなのです。先ほどの本田健氏の話では、漠然と思っているだけでは、なんら実現することはありません。


もう少し分かりやすく言うと、例えば、富士山に登るという目標が決まったら、そのために何をするかというと、まず富士山に登る計画を立てるために調査をしなければなりません。どこから登るのか、どれくらいの時間がかかるのか、そのために休暇が何日いるのか・・・など。


調査が終われば、具体的な計画を作ります。そして、富士山に登れる時期を考えて、日程を決めます。自由に休める人は別にして、サラリーマンをしていれば、その時期に休暇が取れるように根回しをしなければなりません。


そこまでできれば、次は旅館や移動手段の手配をします。早めに予約を入れておきます。これで準備はOKです。


しかし、ここからが問題なのです。登るための体力づくりです。つらいトレーニングをしなければまず無理です。トレーニングの状況を見ながら、トレーニングの方法を変えたり、量を増やしたりしなければなりません。そして、富士山に登る日を迎え、実際にチャレンジすることになるのです。


この例の富士山に相当するものが目標です。そして、旅館や移動手段の手配が終わるところまでやれば、それはもう予定です。ここまでやってしまえば、まず90%達成したのと同じです。後は、実際に行動するだけです。


これなら、夢を実現することができますよね。投資でも、そこまでやらなければ、目標を達成することはできません。そのために、まず目標を具体的にハッキリと決めることが重要なのです。

お金の役割2016/03/16 17:37


 投資の目的はお金を儲けることです。ほとんどの人がお金持ちになりたいと思っています。誰もが欲しがるお金について考えてみましょう。


なぜお金について考えるのかというと、お金のことを知らなければお金儲けができないからです。敵を知ることから始めなければ勝てないですからネ。お金の本質を知れば、お金儲けがやりやすくなるというものです。




 お金の役割とは?

 お金には、次の3つの大きな機能があります。
1.交換機能
2.蓄積機能
3.増殖機能 です。


 お金交換機能について説明します。

お金がない時代には、自分が持っている物と他人が持っている物を物々交換しなければ、欲しい物を手に入れることができませんでした。しかも、欲しい物を持っている人が見つかったとしても、その人があなたの持っているものが必要でなければ交換することができません。まったく不便ですよね。


その不便なところを解消したのが『お金』です。お金を考えた人は、本当に凄いですよね!人類の営みを変えた大発明だと思います。



 次に、蓄積機能です。

就職して間もない若い人が、車を買うために貯金をしています。月々わずかでも、貯金を続けていけば、何年か経てば車を買うためのお金が貯まります。さらに続けていけば、家が買えるようになるかもしれません。もし、『お金』に貯蓄機能がなければ、車どころかマイホームを持つことは、普通のサラリーマンでは不可能なことになってしまいます。ほんとうに、ありがたいことです。



 最後が、最も厄介な増殖機能です。

増殖機能というのは、分かりやすくいうと利子です。利子がつくから貯蓄も楽しいのですが、利子があるために借金やローンで苦しむことになります。この利子があることによって、お金は増殖します。利子は、より高い利子を求めて、自己増殖するのです。


お金は利益が出るところに集まります。例えば、中東戦争との時に原油価格が暴騰しました。これは原油の供給がストップしてしまうかもしれないと考えた投資家たちが、原油で一儲けしようと原油を買いあさったからです。


このようなことが頻繁に起きるのが資本主義です。お金の増殖機能は、資本主義の欠点なのかもしれませんね。


 話がそれてしまいましたが、投資で儲けようと思えば、お金の増殖機能をフルに活用しなければなりません。そして蓄積機能も使って、どんどん増やしていくことがポイントなのです。